Profile

飯田裕子 Yuko Iida

1960年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業在学中に三木淳氏に師事。

1980年.20才で初めてハワイを訪れる。

1981年 卒業直後 写真展「海からの便り」ニコンサロンにて開催。

以後、「ファレ!パシフィカ」「フィジーの魔法」など写真展多数。
写真集「Desert alive」「フィジーの魔法」(共著)「長崎の教会」(共著)

1988年 シルクロード南路を走るラリーにオフィシャルカメラマンとして参加。
アジアと日本を繋ぐ稲や布文化に興味を持ち撮影取材をする。

1990年代モンゴロイド地球を動く(東京大学主宰プロジェクト)の公開講座の受講をきっかけに、環太平洋のモンゴロイドに関する人類学、考古学に興味を持つ。

1991年~1997年 京都大学人類学部 片山一通教授やビショップ博物館の篠遠喜彦博士のフィールド(クック諸島、タヒチ)に参加、撮影。
フィジー共和国 政府観光局オフィシャルカメラ担当。

タヒチ、イースター島、マルケサス諸島、パプアニューギニア、ハワイ、などの島を巡る。

同時に国内では沖縄へ足しげく通う。
アジア辺境地(北朝鮮、ブータン王国、モンゴル、中国南西部少数民族)へも撮影取材。

1999年より南房総に拠点を移す。